HOME > スクールレポート > 理楽整体スクール Backnunber 第二十七話「主従の関係づくり」

スクールレポート
理楽整体スクールレポート
最新版

理楽整体スクールは
プライベート式でおこなっております。
無料スクール見学のお申し込みはこちらからどうぞ。

-------------------------

Backnumber

プライベート整体E

プライベート整体D

プライベート整体C

プライベート整体B

プライベート整体A

プライベート整体@

第三十七話 『卒業式』
第三十六話 『ともだち』

第三十五話 『GO FOR IT!』

第三十四話 『夏のスクール開講!!』

第三十三話 『@自由 A仲間 B本気 C実家 D道場』

第三十二話 『人生は選択と決断の連続』

第三十一話 『いきなり中間テスト(爆裂岡ちゃん先生)』

第三十話 『ガンバレ!静岡県人会!!』

第二十九話 『投げた球はとってくれ』

第二十八話 『あなた給料安いでしょう?』

第二十七話 『主従の関係づくり』

第二十六話 『R.V.Rと4つのパフォーマンス』

第二十五話 『話すのが苦手ならしっかり聞け!』

第二十四話 『相互間モチベーション』

第二十三話 『新春・新メンバー』
・・・男性ばかり・・・

第二十二話 『新陳代謝!』
・・・来る人、去る人・・・

第二十一話 『本気の部屋へ!』
・・・最後の扉か?・・・

第二十話 『講師たちの熱意』
・・・I love you・・・

第十九話 『正義感ぶるな!』
・・・世間と同じスタンス・・・
第十八話 『三部合同スクール』
・・・昔の私をみているよう・・・
第十七話 『卒業しない卒業式』
・・・えっ!?留年??・・

第十六話 『一声に感動』
・・・そして緊張・・・

第十五話 『奇人』『変人』
・・・『きわめて優秀』・・・

第十四話 『何も言えなくて夏』
・・・御前崎2007・・・

第十三話 『学び舎』
・・・初心に還る・・・

第十二話 『ようこそ』
・・・暑い、熱い・・・

第十一話 『これは汗ですか?』
・・・それとも・・・

第十話 『げっ!!』
・・・技が崩れてる・・・

第九話 『心も筋肉も』
・・・バランスが重要・・・

第八話 『楽しい学校』
・・・それでいいの!?・・・

第七話 『センス抜群』
・・・からだオタク??・・・

第六話 『開幕です
・・新しい出会いに感謝・・

第五話 『桜咲く』
・・・感動の・・・

第四話 『アスリート』
・・・参上・・・

第三話 『手作りクッキー』
・・・だから男性は・・・

第二話 『汗』
・・・スポットライト・・・

第一話 『ご縁』
・・・運命の悪戯・・・

 

エステティックスクール

 受講生の感想
12月17日に終了した受講生の方、復習に来ている先輩の声を聞きました。
その一部を紹介します。>>

ロミロミスクール

 ブログにて随時スクール日記を更新中!!

「ロミロミスクール日記」のカテゴリをご覧ください。


第二十七話 『主従の関係つくり』 

2008年3月1日、2日(第一土曜日・日曜日)

今回は、ベイシック、アドバンスコースともに、

テスト前の最終総合実習でした。

ベイシックのみなさんのスクールの様子

 

アドバンスのみなさんのスクールの様子

来院された新患者さんの問診、ベッドへの誘導について勉強しましたね。

とくに、「間合い」「呼吸」「相手のペースからこちらのペース」、そして最後に、

玄関での言葉掛け。

私は、自分自身が「患者のプロ」だったので、患者の心理はよ〜くわかります。

いまだに、月に5回〜10回くらい、いろいろな施術を受けに行きます。

これは、技術を盗んだり、他店調査のためにではありません。

生意気ですが、すでに「同じ業界から何かを盗む」意識は全くないです。

では、なぜ!?

私自信が患者、顧客の心理を忘れないためです。

と、いうわけで・・・

今日のレポートは『復習に来ている卒業生』にスポットをあてましたよ!!

卒業生たちは、年齢も出身も、職業もバラバラで、なぜか異様に仲良しです。

----------------------------------------------------------------

「鎖骨下筋のテクニックに感動!!」 0期生 水井さん

私は、B級、A級で勉強すれば、整体師として、すぐに活躍できると思っていました。

しかし、実践すればする程、基本からずれている事、引き出しの少なさを実感させられ、

原点に戻って復習に出るようになりました。

復習に出るようになり、間違って覚えていた事、内容がわからず、ただ覚えた事、

コツ、ミソが理解できていない事など、気付かされました。

やっぱり、一生勉強ですね!!

3月2日の復習では、鎖骨下筋のテクニック、検査のやり方、指先の使い方、

患者さんの心理等、すべて実践に沿ったすばらしい講義でした。

応用していきたいと思います。

それと、何より、復習に来ると元気をもらえるのも楽しみです。

FTA復習バンザイ!

----------------------------------------------------------------

「卒業してからがフミユの存在価値」 8期生 河村さん

「FTAのスクールは卒業してからがおもしろい」と言われることを

身をもって感じます。

スクール生の時は、今回はこのテクニックを習います、と言われ、

半ば受動的に授業を受けていました。

だから、卒業後の復習となると、緊張感もなくなって、ダラダラとしてしまうのでは

ないかと思っていましたが、応用のテクニックも次から次へと出てくるし、

A級、B級の時よりも、適度に緊張感がとれて楽しく学んでいる自分に気付きます。

先輩たちと一緒に関心のあるポイントなどを、お互いのカラダを使って

ああでもない、こうでもない、と研究できるのも、面白さのひとつです。

患者さんでは試すことができないことも、ここでは出来るので、

試行錯誤しながら高めあえる、良い学び舎だと思います♪

----------------------------------------------------------------

「シンプル、ユニーク、効果」 6期生 宮崎さん

理楽整体ベイシック、アドバンスを受講し、自分が如何に体の事を知らなかったかを

痛感しました。

これまでは、例えば腰が痛ければ、腰という概念でしかその痛みを捉えていませんでした。

しかし、ベイシックを、そしてアドバンスコースを進めて行くうちに、

何故腰は痛むのか、何が原因となるのかを理解できるようになり、

痛みの捉え方は大きな範囲より、局部に限定されるようになりました。

そして、暁光先生が作り出された技術の技は、時にシンプルであり、

時にユニークであり、そして、効果に於いても、驚くようなものでした。

現在私は、両コースを卒業し、復習として両コースを再受講させて頂いています。

しかし、これは単に同じことの繰り返しではなく、

新たな実用的で効果的な技術を学ぶ場となっています。

これは、暁光先生が、現場の治療家で有り、今この瞬間も新たな技術が生まれている事を

示します。

理楽整体は生き物であり、常に進化を続けて今さう。

治療のみならず、マーケティングに於いても・・・。

そのような場に参加し、勉強させて頂ける場を提供いただいていることに

心よりお礼を申し上げます。

----------------------------------------------------------------

「循環の法則」 3期生 中尾さん

今日の座学の「循環の話」は、大変興味深く聞かせてもらいました。

最近、いろいろと行動していて、良くも悪くも(笑)いろいろな反応が返ってきている

時に、タイムリーな話題でしたから。

行動すれば周囲で起こる出来事も変わってくる事は、実感できてきたので、

これをうまく循環させるには、どうすればいいかをこれから考えていかねば、と

思いました。

実技の方も、患者さんへの誘導という、新しい考え方に気付かせてもらい、

復習に来て良かったです。

早速、明日からでも使っていきたい技術です。

ついつい、患者さんのペースに合わせがちな自分の言動を修正していきたいと思います。

昼からはA級スクールのお手伝いでしたが、現役スクール生の間違うポイントを見てたりすると、自分自身にとってもよい勉強になりました。

毎度のことながら、復習に来ると、本当に色々と得るものがありますね。

∴、日々現場をこなしながら、復習にも来る!!これ、僕の循環です。

----------------------------------------------------------------

「先延ばしにしていたこと・・行動に」 7期生 薮崎さん

全てにおいて、循環されている。

その中で、体はもちろんだが、フロントエンド、バックエンド、ハイエンドで、

何でもやりっぱなしではだめであり、必ず次に回ってくる。

つまり、リピートすることが大切である。

これは、私にとって、まだ本業としていませんが、非常に大切なことを

学ばせて頂きました。

また、患者さんんい主導をとられた施術をしていた事も、今日先生に言われ

まさにその通りだと、痛感しました。

その対策法も教えて頂き、さらに、患者さんの心理を上手く利用したテクニック、

これが重要であるという事も、今まで自分が考えもつかないような事、

今の自分を根本的に変えないと先に進まないような気がしました。

今日の復習会に参加させていただき、本当にためになりました。

ありがとうございました。

先延ばしにしていたアクションプラン。

とうとうPlan→ Do に入りました。

----------------------------------------------------------------

「行かないと、損する!!」 7期生 小笠原さん

卒業して、5ヶ月経ちますが、最近では患者さんの予約で来られないこともしばしば。

復習会に行こうか、予約を優先しようか、

迷いつつも予約を入れてしまうことが多かったですが、

来てみると、復習がいかに大事かが分かります。

技の復習はもちろんですが、合間、合間にごっそりと出てくる

まだ習ったことのない技。

基本が出来た上での上級向けの技、患者さんの心をつかむ諸策。

行かなかった間に、何個の情報を逃したかと、

通い続けていた同期生の得意気な顔を見ると、悔しくなります。

また、スクールの空気には、モチベーションの維持や、テンションの向上、

痛みの緩和など、不思議な効果が漂います。

「整体だって仕入れがなくっちゃね」

今日のスクールでそんな声が聞こえてきましたが、

まさにその通り。

復習会は、整体師の仕入れです!!

仕入れのない整体師はヤバイですよね!!

----------------------------------------------------------------

「とにかく師のそばにいる」 3期生 山中さん

今、復習会に来始め、約一年半ほど経ちます。

受講生の頃は、無我夢中で技術と知識を詰め込むことでいっぱいいっぱいでした。

卒業後、復習会に参加する際に、技術の再確認が出来、

ここで分かるというレベルに到達したような気がします。

また、新しい発見があったりして、日々の施術のクセなど修正するためにも、

復習会はとても大切な場です。

続々と後輩たちが入校し、頑張っている姿を見ると、自分ももっともっと頑張って

いかなくてはという気持ちになり、モチベーションも上がり、とても良い環境です。

そして、目標としている師匠のそばに、

少しでも近くにいたいという気持ちが一番強くあるので、

今後も復習会は欠かさず参加しようと思っています。

----------------------------------------------------------------

「絶妙な間合い」 6期生 山川さん

今回の復習は、1日土曜日だけの参加でしたが、まさに

「来て良かったー!」お得情報満載でした。

現役受講生のモデルをしていても、気付くことは沢山ありますが、

暁光先生の、「今日は復習に来ている卒業生が少ないから・・・やります」

という掛け声とともに始まる、座学や、臨床現場で間違いやすいところ、

そんなことに気付きもしませんでした、という大事なところにメスが入り、

日ごろの現場を思い出し、赤面してしまう場面がよくあります。

知らなかったら、大恥かいた。

知らなかったら、リピート率が下がる。

知らなかったら、「治る」症状でも治らない。

今回は、技術以外のところの「患者さんとの間合い」

これに、なるほど、と拍手です。

呼吸を見る、呼吸を合わせる、問診イスへの誘導、と、

自分の座るタイミング、患者さんが玄関でスリッパをはきかえる時の

「絶妙なタイミング」の一言。

ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

<<ロミロミスクール日記>>

本日は、整体スクールのスペースをお借りして、

ロミロミスクールをご紹介いたします。(普段はブログにて、随時スクール日記を更新中です)

ロミロミスクールも同時に開講されました。

県下ナンバーワン頭脳集団出身の、コリーダさん。

最初は整体スクールの見学にいらっしゃったんです。

で、ロミロミ受けよーってことになり、ロミロミを受けたところ、

「なんなの?これは!?私衝撃!!」となり、すごく感動してくださったそうです。

今まで、オイルマッサージっていうのは、スラスラスイー、タリラリ〜ンという

ゆるーくて、「まさにスーパーフィッシャル」な場所だけを「ただ流す」という

イメージしかなかったそうです。

ところが、フミユでロミロミ受けたら、骨の髄までしっかり読まれているような、

体がぐんぐん伸びていって、悪い部分を修正されているようで、

終わってみれば体もココロもスッキリ。

ビビッと来たそうです。そのとき、コリーダさんをロミロミしたのは、

フミユのもう一人のセラピストだったのですが、おそらくすごく波長があったんでしょうね。

私とも合ってますか?

今日は、「お客様の呼吸をコリーダさんがひっぱるつもりでロミロミしてください」

と、非常に手で触れにくいような課題を出したにもかかわらず、

いきなり黙ったまま、「それ」を実行していました。

「コリーダさん、それですよ、それ!!」

「うーん」

「いま、クライアントの呼吸がずーって伸びたの分かりましたか?」

「うーん」

秀才というのは、明確な答えを欲するもので、

原始人というのは、感覚的な答えで完璧に分かったつもりになるもので。

血流が見えますか?

コリーダさん、ロミロミの場合って、

なんとなくわかる→なんか疑問がでた→理論的にわかりたい→なんかわかった

→理論的にわかったぞ→結局感覚で拾うのが一番だな みたいになると思います。

理論的にくずせないところでも、とりあえず通り越して

体で覚えていただきたいです。

今日は久々にいいお天気のスクールでしたね!おつかれさまでした。

3月1日は、「御前崎で海をみながらロミロミ」イベントがありました。

フミユセラピストアカデミーメンバーによる、春一番のロミロミイベントです。

詳細はこちら

お問合わせ・ご質問はこちら・・>>
私、暁光が直接お答えします。
お気軽にお問合わせください・・・>>

理楽整体スクール無料見学申し込みはこちらです。>>

受講申し込みをお考えの方はその前に・・・>>
スクールコラムこちらもお読み下さい>>


Copyright(c)2005 fumiyu Coporation.all.Right Reserved